自分の人生なはずなのに、巻き込まれているような。
勝手に誰かに操られているような。無力感。

自分の自由なはずなのに、窮屈で苦しくて
身動きが取れないような。
選択肢がないような。閉そく感。


勉強に、仕事に、家事に、育児に、介護に、療養に…
毎日「わたし」は頑張っています。

人と比べるものじゃない。
でもそばに比較対象があると、情報が手に入ると
比べてしまうものです。
本当は変わりたいけれど、
疲れすぎて問題に目を向ける余裕もありません。


日々に疲れたとき、
まずは「わたし」を整えることからスタート。
ちょっとした工夫で世界が輝きだすかもしれません。


「わたし」の整え方


感情に蓋をしない


感情は自然と生じるもので、全てあって良いものです。
感情が生じたら、大切に。

怒り
嫌悪
情けなさ
劣等感
やるせなさ
恥ずかしさ

ネガティブな感情だってあっていいんです。
人生を豊かにし、自分を成長させてくれる
重要なスパイスです。


感情に評価を加えない


感情に良し悪しをつけず、ただただ「わたし」がどんな気持ちなのか見つめます。


「いま、情けない気持ちだね。うんうん。」
ここでストップ。

「自分ってなんて情けない存在なんだ。」
と自分と結びつけません。


”情けない”のは客観的な事実ではなくて、
あくまでも自分の色眼鏡を通してみたことです。

存在と結びつくと、
逃げたくなったり、蓋をしたくなったり、
八つ当たりをしたくなったりしてしまいます。


思いのままに表現する


自然に生じた感情はたまらないうちに外に出します。


友人や家族に話す
ノートに書く
ブログやSNSに書く
詩や文章を書く
絵を描く
叫ぶ
歌う
汗を流す

他の人に危害を加えるものでなければ、気が向くままに、
したいこと何でもいいのです。
「わたし」の中に余白を作ります。


身体をほぐす・休める


心と体は密接に関係しています。

栄養バランスのいい食事をとる
睡眠をとる
家族とハグをして幸せホルモンを出す
(一人の場合は自分自身を腕で抱きしめたり
ぬいぐるみでもOK)
猫背になってないか
肩甲骨の真ん中は凝っていないか
眉毛の下は凝っていないか


イライラ、モヤモヤしている時、
目の前の出来事が原因なのではなく、
身体の不調が原因かもしれません。

そんな時は、体をほぐしたり、動かしたり、
温めたり、休めたり。
効果があったら、いつもの好きなメニューに加えてみます。



勇気を出して、一歩


これで「わたし」の土台が整いました。
問題点に目を向ける、新たなことをインプットする…
深呼吸して、やりたいことからやってみよう。


あなたの整え方はどんな方法でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です