どうも、幸寛です。

さて、コロナの影響がありつつも、2020年が終えようとしています。

今年を一言で振り返ると、「激変の一年」だったように感じます。
いろんなものがひたすら変わった。

1月 IoTに挑戦した月。

・MicroPythonの勉強をしたくて、Twitterで札幌の有識者の方へDMを送って、
 直接、社内に来てもらって勉強会を開く。
 → 札幌には貴重な人材がいることを改めて自覚。

・ESP32やらラズパイやら、Xbeeを触ってみて何ができるかを確認する。

 → やっていることは趣味レベルではあるが、ビジネスってアイディア勝負なんじゃないかと感じる。

・Amazonのプレスリリースを作成してから、仕事を進めるという形式をパクってみる。

 → 目的がブレない状態で開発を進められたので非常に良かった。

・機械学習をやってみた。

 → 過去のデータの傾向から未来を予想することであり、新しい突発的な可能性を予見できるものではないように感じた。

  あくまで人間が予感できるものを予測する。

  人間が読み込めないほどのデータから新たな傾向を見出す。こんなイメージ。

・運動不足解消のため、懸垂機を購入。

 → 結局年間通して、たくさん懸垂した。

2月 

・CMC_Meet UPに参加。

 → 衝撃的な理解が進む。コミュニティマーケティングコミュニティ。ファーストピンを見つけ、共にいかに活動できるかが重要。私はすぐに踊り出す人です。

 詳細はこちら!

・Ezoの和オンラインミーティング

 → 私の担当で、メタ認知の会を主催致した。今やオンラインでの打ち合わせや、オンラインでのプレゼンが当たり前になってきたが、この時には、慣れず。人の顔を見ながら話せない違和感を覚え、新鮮であった。

 詳細はこちら。

・Zoom飲み会

 → オンライン飲み会をやってみた。楽しいっちゃ楽しい。でもやっぱりオフラインがいいなぁ。

3月

・AWS、SORACOMのハンズオンをたくさんやってみる。

 → 読むだけじゃあ力にならん。やってみることが大切。

・まさかの異動通達。DXチームに配属。

 → 社内全体のDXを考えることに。

4月、5月、6月

・異動後、会社全体の業務、システム、ルールを確認する。

・コロナの影響が大きくなりすぎ、年間スケジュールが総崩れ。

・キャンプにハマり始める。

7月、8月、9月

・社内のプレゼン&自己紹介イベント本格立ち上げ。

 → みんな仲良く成れたら、もっともっと楽しく働ける。行動あるのみ。

・Docker触ってみる。

 → 素人だけど、コンテナ技術ってすごいよ。パソコンの設定間違えたら、捨てれるし、すぐロードできちゃうし。クラウド上なら、パソコンの能力足りなかったら追加できちゃうし。現実でこんなことあり得ないっしょ。

10月、11月、12月

この3ヶ月は、たくさん悩みましたね。

・勢いだけではどうにも人には伝わらない。伝わる人には伝わるが、説明は足りていないようだ。。。

・自分の考える癖やら、興味の対象について理解が深まる。

・自分の力だけでは到底終えることができないことも、チーム力があれば大きく推進する。

・バックボーンの共有は非常に重要。

・田中角栄の本を手に入れる。
 → 新潟出身なら、一読した方がいいかも。やっぱり心の支えになる。この年になると哲学的な柱も非常に重要。

・ここで株を始めて大損をこく。笑
 → やるなら、4月でしたね。とほほ。

・AWSプラクティショナーの資格取得

■With コロナを通じて
飲み会の回数が非常に減った分、家族との時間が増えた。娘は、たくさん遊べると喜んでくれた。

一方、育児休暇中の雰囲気と似ている気もした。なんとなく不安や不満な状態。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です