こんにちは、幸寛です。

最近は、ブログを書き溜めてはリリースしない日々が続いています。

気ままに、記載して、継続継続〜!!

さて、今回ですが、最近話題のClubhouseを使ってみました。

iPhone専用のアプリなのですが、使い心地や、体感をまとめてみました。

Clubhouseを使ってみた

Clubhouseって何できる?

・アプリ上で複数人で電話ができる
・話したい人は、アプリ上で手を挙げることができる。
・話す人は、ルームのモデレーター(オーナーのようなもの)が全て選択できる
・Twitterのようなフォロー、フォロワーの機能がある
・TwitterやインスタのIDをプロフィールに埋め込める

twitterと比較して

・いいねボタンがない
・コメント機能がない
・電話の内容が全く残らない
→リアルタイム性の高いアプリケーションであり、アンチがいたとしても反応しようにも反応できない。

ラジオと比較して

・何名が話を聞いているかがわかる。そのため、公開収録のような状態。
・配信予約ができ、聴く側はスケジュール登録もできる

昔でいう喫煙所のコミュニケーション

・なんとなく話したいなぁ。なんとなく人が話しているなぁ。
ちょっと会話に加わろうかなって感じで、気軽に話せるのがいいところ。
・Zoomなどのオンライン会議では、カメラで映ってしまうため、少し気合を入れないと行けないけど、手軽さがいい感じ。

規模が大きくなればオンラインサロンとかでも便利かも

・リアルタイム性の高いコンテンツであるため、”今しか聞けない”というメリットがある。
・また、手を挙げることで、オンラインサロンのオーナーと直接話をすることができたりと、使い方は色々とありそう。

難点?

・配信者の放送開始時間が一緒の時間になりやすいため、時間ごとにサーバーがよく落ちる。

ひとまずは、こんな印象ですね。
1000人フォロアーが付くと、自分のクラブを持てるようで、
Ezoの和 中山さんが目指してるとのことで、
みなさま、フォローをお願いいたします〜

中山さんのID
@ahsibnakayama

梅室さんのID
@takuya1128uu

私のID
@tohge05

今回の記事は、Ezoの和メンバーの中山さん、梅室さん、私の3名の考察を含んでいます。

ちなみに中山さんは、コーチングのプロで、体験から本質を理解する研修を実施されています。
感動体験が多いので、個人的におすすめ。
研修内容は、頑張って学ぶというより、思い出しちゃって使えちゃう。

詳細は下記のURLから!!

■Ezoの和について


2021-02-02 23:12:47 Tuesday

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です