どうも、ゆきひろです。

GWは、StayHomeでずっと子守。
 合間をみて、4日間で鬼滅の刃を制覇。
  ジャンプの王道の流れって感じで止まらなくなりましたね。

コロナ禍で、私は”努力が報われる内容”を欲しているみたいです。

GW中には、コーチングの先生のオンラインセミナーに参加しました。
内容は、下記の2つ。

  • ポジティブになれる方法
  • 悪魔を出し抜けセミナー

セミナーを参加した感想と言うよりも、
 セミナーを受けてから、考えた自分の生き方を振り返ってみる。

今までのコーチングのイメージ

正直、コーチングに対しては、下記のイメージを持っていた。

  • 漠然と良いものと言うイメージ
  • 応援??っと言うイメージ
  • プロのスポーツ選手に必要なもの。一般の人には不要かも。
  • 胡散臭い、特に何も意識すらないもの

自分の中では、良し悪しも認知されないほど、
 優先順位の低いものであった。

元々、自分を客観的にみることが得意であったため、
 自己客観性を持ちながら生きてきた。

今回のコーチングセミナーを受けて、自己客観性に加えて、
 科学的根拠に基づく分析ができるようになり、
  コーチングの価値について見直すこととなる。

セミナーで感じ取ったこと

  • 幸せ(ポジティブ)は、5つの行動により作れる
  • 無意識なネガティブ状態に陥っていることは、意識しないと気付けない
  • ポジティブな状態を作ることで、脳の働きは30%向上。
  • ネガティブの力は、ポジティブに比べて多くの人を引き込みやすい。
    などなど。

体系的にコーチングについて学ぶ機会がなかったため、
 科学的な根拠に基づくセミナーは興味深いものであった。

北海道の札幌に住むコーチングの先生で、
 セミナー内容は、Youtubeで公開されてました。
  My アーカイブ用に記載。

■ポジティブになれる方法
https://www.youtube.com/watch?v=vo4jhgF9mQY

■悪魔を出し抜けセミナー
https://www.youtube.com/watch?v=hbiPVM7vkxc


精神面における科学的根拠の追加

セミナーを受けた内容と、これまでの自分の分析を重ね合わせてみる。

2019年の1年間、単純に集中できた日をカウントしていた。
”集中できた日”の定義は、作業をしてたら4時間以上経っていること。

45日

集中力が全開にできた45日を振り返る

  • 自分がやりたいことに着手できていた。
  • やりたいことは、主体性を持った仕事であったこと。(いわれてからやったことではない)
  • 子育てで寝不足だろうが、疲労がたまっていても、全開になれるときはある。
  • 楽しい感覚になる。

もともと、ポジティブな人間だと思っていたが、
 更にポジティブがコントロールできるものとして
  科学的に理解したことで、生きやすくなる。

人の意見に流されるだけだと、主体性がなくなり、
 いつの間にかネガティブになっている。
  しかもネガティブになっていることに気づけない。

ポジティブさをコントロールすることは、
 脳の能力をハイパフォーマンスにできる。

締め

コーチングの内容を伝えようと記載しても、
 あまり上手い文章をかけませんでした。
  内在するものであり、出力として共有しにくい分野なのだろうか。

少なくとも、自分にとって効果が大きいものだと実感できているのだが、
 文字にするとなんだか胡散臭いなぁ。

まぁ、いいか。

2020-05-16 22:59:33 Saturday

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です